農業ITセンサーMIHARAS(ミハラス)
ニシム電子工業の製品・サービス
MIHARAS導入事例

MIHARAS誕生の地 宮城県登米市
『稲の生育をコントロールするには水管理が重要』

MIHARAS設置先:宮城県登米市 おっとちグリーンステーション

 (有)おっとちグリーンステーション 様 

 おっとちグリーンステーションは、大きく分けて稲作、大豆、野菜、加工の4部門で構成された複合経営組織となっており、土地利用型の作物については機械の導入による省力化、面積拡大とコスト低減を目指されています。

限られた人、時間の中で収益アップ、新たな商品開発を進めるには省力化は大きな課題。「農家でも導入可能な水田センサー」を目指し、当社と共にMIHARASの開発をスタートしました。


MIHARAS設置先:宮城県登米市 おっとちグリーンステーション 田植え
MIHARAS設置先:宮城県登米市 おっとちグリーンステーション ハウスにも
MIHARAS設置先:宮城県登米市 おっとちグリーンステーション 稲
MIHARAS設置先:宮城県登米市 おっとちグリーンステーション 畑にも

稲の生育をコントロールするためには水管理が重要 

(有)おっとちグリーンステーション
  代表取締役 柳渕 淳一様にお話を伺いました。

 「水回りしていて水が抜けていたり、異常があるのが全体の1割程度。それをパソコン画面に表示すれば、1割の異常あるところだけに行って管理すれば良い話なのです。少ない人数で管理面積を増やすため、雑草を出さないようにするため、増収するため、稲の生育をコントロールするためには、やはり水管理が一番重要なのです。それを解決しただけでもかなりのコスト削減になると思います。高品質・高収量を実現していくためには、農業センサーが必須になってくると思います。」

「今まで勘でやっていた篤農家の技術をデータ化し蓄積していけば、新規参入者でも、リスクなく米作りができるのかなと思います。」

TOPへ戻る

その他の事例を見る

MIHARASの資料ダウンロード・お問い合わせ