完全自己処理型水洗トイレTOWAILET(トワイレ)
ニシム電子工業の製品・サービス

湯島の公衆トイレ不足を解消!
離島の環境にマッチしたTOWAILET(トワイレ)

TOWAILET(トワイレ)導入事例 上天草市観光おもてなし課様
上天草市 経済振興部 観光おもてなし課
写真右: 課 長  前方 正弘 様    
写真左:観光総務係 係長 松下 伊津子 様

上天草市 経済振興部 観光おもてなし課 様

上天草市「観光おもてなし課」では、より多くの観光客に足を運んでもらうため、観光情報を発信する他、観光施設(天草四郎ミュージアム、公園、海水浴場、キャンプ場、登山道、国立公園、トイレ等)の運営と維持管理に努められています。

熊本県上天草市大矢野町 湯島

湯島は熊本県上天草市の島原半島と天草諸島のほぼ中間に位置する周囲約6.5km、人口は約300人の離島です。
島民より猫の数が多いと言われており、「猫島」として、猫好きの観光客に人気のスポットとなっています。


TOWAILET(トワイレ)導入事例 猫島
島に着くと人懐っこい猫たちがお出迎えしてくれます

 近年、湯島の猫たちの写真がインスタグラムで話題となり「猫島」としてテレビ等のメディアでも紹介され、多くの観光客が湯島へ訪れるようになりました。
元々、公衆トイレは船着場に1箇所(男子トイレ1基・小便器2基/女子トイレ1基)しかなく、「一般の観光客の方が民家にトイレを借りに来ることがある」という話を聞いていました。時を同じくして市議会でも「観光客がトイレに困っている」という話があがり、トイレ不足は大きな課題でした。

湯島に新たにトイレを増設する必要があるというタイミングでTOWAILETを知り、製品の特長や仕様等で同等水準の製品はなく、トイレの維持管理にかかるコスト面でもかなりメリットがあることから、TOWAILETの導入を決めました。

TOWAILET(トワイレ)導入事例 上天草市湯島
江樋戸港から船で25分の湯島
TOWAILET(トワイレ)導入事例 上天草市 湯島に設置されました
新たに設置されたTOWAILET
TOWAILET(トワイレ)導入事例 上天草市湯島 元々あった公衆トイレ
元々あった公衆トイレ
TOWAILET(トワイレ)導入事例 上天草市湯島
船着場の近くに設置されました

離島であるゆえの悩み
”建設費用”・”汲み取り”・”電気・水道”

 江樋戸(えびと)港から船で25分の湯島は、離島であるため「新たにトイレを建築することが難しい」、「トイレの汲み取りには、汲み取り車を船で積んで、汲み取り後、また船で戻るため、大変な労力とコストがかかる」、「島なので電気や水といった部分にも不安がある」等の悩みがありました。

 TOWAILETは「建築費用も建てるよりも安く、電気・水道、汲み取りが不要でランニングコストもいらない」ことから導入へ向けて検討を進めてきました。

2019年8月末に元々あった公衆トイレの近くに、男女兼用トイレ1室・女性専用トイレ1室のTOWAILETを設置しました。導入の決め手は、「コストメリットがある」、「湯島の環境にマッチする」ことでした。 現在は、観光客や仕事で湯島を訪れる方々にご利用いただいています。