医用無停電電源装置(医用UPS)

医用UPSは、当社が医用電気機器(ME機器)向けに設計・開発した国産初のUPSです。
人命に直接関わるME機器に安心してご使用いただけます。(JIS:T1022準拠、UL1778・UL60601-1取得)

病院には、手術室ICU(集中治療室)、NICU(新生児集中治療室)など、患者様の命に直結した様々な医用室があり、多くのME機器が使用されています。それらの医用室には、停電時に自動的に電源供給ができる非常電源(自家発電設備・無停電電源装置など)を設けなければならないとされています。

医用UPSは、病院・クリニックの停電対策に最適な「ME機器用のUPS」です。

~ 用途に応じて選べる容量5タイプ ~


特長

医用UPS特長1 医用電気機器用として設計・開発

●オペ室でも安心!●JIS:T1022準拠
●UL1778・UL60601-1取得

医用UPS特長2 小型で低騒音 ・少発熱

●患者さんへのストレスを減少
●手術室内でも利用可能

医用UPS特長3 アイソレーショントランス の容量に対応

●ME機器と一緒に移動可能(1/1.5kVA)
●アイソレーショントランスの容量に対応(3/5/8kVA)

医用UPS特長4 24時間365日の サポート体制

●納入後の障害受付・保守対応はカスタマサポートセンターにて対応(※リンクは別ウィンドウで開きます)

UL規格について

UL規格とは、アメリカ保険安全試験所(Underwriters Laboratories)が認定する安全規格で、電気機器や産業機器類などを対象としています。UL規格の中で、ME機器での利用を目的としたUPSに関する規格は以下のとおりです。

■UL1778(無停電電源装置)

  • 無停電電源装置を対象とした安全規格
  • 火災防止(製品の難燃性)や感電防止(回路設計、注意表示など)に重点が置かれている

■UL60601-1(医用電気機器)

  • ME機器を対象とした安全規格
  • 電気絶縁性や漏洩電流(漏れ電流)など非常に厳しい制限が設けられている

■UL規格 共通

  • UL規格の部品を使用
  • UL JAPANによる不定期な工場監査

医用UPSの導入メリット

一般用UPSと医用UPSの違いとしては、「取得している安全規格」にあります。

 ■一般用UPS 
  ・
UL規格は「UL1778」のみ取得 ※UL規格を取得していないUPSもあり
  ・人命にかかわる機器への使用が補償されていない

 ■医用UPS
  ・UL規格は「UL1778」と「UL60601-1」の2つを取得
  ・人命にかかわる機器への接続が可能
      ・ICUや手術室などへ設置が可能

医用UPSは、接地漏れ電流と外装漏れ電流のどちらも安全規格をパスしています。

医用UPSの導入メリット UL規格「UL60601-1」を取得しており安心

●接地漏れ電流
 ME機器の電源線からアース線(保護接地線)へ流れる電流

●外装漏れ電流
 ME機器の正常な使用時に、操作者または患者が外装表面に接触した際に、人体を介して大地へ流れる電流

非接地回路に用いる絶縁監視装置は、2mA以上を感知するとアラームを発報する
当社UPSの漏れ電流は、ME機器と同等の0.5㎃以下である

人体に電流が流れると感電を引き起こし、死に至る場合があり、電流値の大きさによって人体への影響が異なります。

医用UPS 電源の種類

JIS T 1022:2018 『病院電気設備の安全基準』に対応

●商用電源が停止したとき、無停電(交流電力の連続性が確実な電源)で電力供給を行わなければならない
 次の医用電気機器などの回路には、無停電非常電源を設ける。
  ⇒ 医用電気機器のうち、無停電(交流電力の連続性が確実な電源)で電力供給が必要なもの
  ⇒ 手術灯

●商用電源が停止したとき、無停電電源装置(UPS)によって負荷電力の連続性を保ち、自動的に負荷回路を
 切り換えて接続し、次いで電圧が確立した自家発電設備に自動的に切り換えて接続し、かつ、商用電源が
 復旧したときに自動的に切り換えて復帰できなければならない。

●無停電電源装置(UPS)はJIS C4411-1、4411-2及び4411-3に規定したもので、無停電電源装置(UPS)の
 蓄電池は、充電を行うことなく10分以上継続して負荷に電力を供給できるものとする。
 また、無停電電源装置(UPS)は負荷の種類に関わらず、保守(非常)バイパス回路を設置する。

●無停電電源装置は、通常医療の用途には適さないため、医療用でないものは、製品カタログ、取扱説明書などに、
 医療の用途に使用しないように使用者に求める注意書きがあることが一般的である。
 医療用として適用可能な無停電電源装置は、特別な配慮がなされており、製造物責任法(PL法)及び
 使用者側責任(UL)の観点からも医療用として認められた製品を選別する必要がある。

出典:JIS T 1022:2018『病院電気設備の安全基準』

UPS導入構成イメージ

停電など通常電源から非常用電源へ切り替わる際でも、UPSを導入することで無瞬断でME機器に電源供給を行い、人命を守ります。

■REMiO構成イメージ [ バッテリー非搭載のME機器のバックアップとして使用 ]

医用UPS REMiO(レミオ)構成イメージ

■MACHAON構成イメージ [ 無停電非常電源構築イメージ ]

医用UPS MACHAON(マカオン)構成イメージ

医用UPSのご紹介(動画)

※2016年時点の情報を含みます。

製品仕様

詳しくは、カタログをご覧ください。

■REMiO(1kVA/1.5kVA)

■MACHAON(3kVA/5kVA/8kVA)


ご利用シーン

■REMiO(1kVA/1.5kVA)
ME機器の接続に最適なコンパクト設計!内視鏡や人工呼吸器、保育器など様々なME機器にご利用いただけます。

医用UPS 接続機器実績「生体情報モニター、人工呼吸器、心電図など」
医用UPS 画像
医用UPS 接続機器実績「内視鏡」
医用UPS接続機器実績「分娩監視装置」
※写真はイメージです

▼接続機器実績
人工呼吸器
フロージェネレーター
酸素濃縮器
インキュベーター(培養器)
保育器
生体情報モニター
血液ガス分析装置
心電計
血漿蛋白検査システム
体外循環血液ポンプ
血液浄化装置
人工心肺装置
麻酔器システム
内視鏡システム
超音波診断システム
分娩監視装置
顕微鏡
眼科システム
LED無影灯
電気メス など

■MACHAON(3kVA/5kVA/8kVA)
手術室・ICU・CCU・NICU・PICU・心臓カテーテル室などに最適な容量!様々な医用室でご利用いただけます。

医用UPS利用シーン(手術中)
医用UPS利用シーン(手術室)
※写真はイメージです

取り扱い商品のご紹介

検温サーモカメラ 新型コロナウイルス対策に!

UPS製品に限らず、電源に関することなら何でもお気軽にご相談ください!