デジタルサイネージ専用読売新聞ニュース配信サービス
ニシム電子工業の製品・サービス

デジタルサイネージ(電子看板)とは

こんにちは、ニシム電子工業です。

 

当社はデジタルサイネージのコンテンツの1つとして「読売新聞ニュース配信サービス」というサービスを取り扱っています。

このサービスでお問い合わせいただくお客さまより、『デジタルサイネージを始めるには何が必要ですか?』というご質問が多く寄せられます。そのため、自分もサイネージを使ってみたいと思っても、どうやって始めるか分からなくて、そのままにしてしまっている方も多いのではないでしょうか。

そのような方々のために、少しでもデジタルサイネージに詳しくなって、サイネージに関する問題を解決してもらえればという思いで、コラムを始めます。

第1回は、デジタルサイネージとは、についてです。

 

街中や駅、デパートなどで大きな電子看板を目にする機会が多くなりました。広告やポスターなどを電子化して、ディスプレイに表示したものです。これは「デジタルサイネージ」というメディア媒体の一種で、新たな情報伝達ツールとして注目を集めています。

 

しかし、そもそも「デジタルサイネージ」って何なんでしょう。見たことはあるけれど、知識はない…という方も、とても多いのではないでしょうか。今後「デジタルサイネージ」が普及していくにつれて、知識がない方も業務で突然関わることになってしまったり…なんてこともあるかもしれません。      

 

デジタルサイネージとは

 

デジタルサイネージとは、屋外や店頭などのあらゆる場所に設置された、映像を表示する装置(ディスプレイなど)を使って情報を発信するシステムです。

ディスプレイと、表示用のPC、コンテンツ(デジタルサイネージに表示する画像・動画など)配信用のPC・ソフトで構成されています。

別称はさまざまで、インタラクティブ・サイネージ、デジタルPOP、デジタル掲示板、電子ポスター、電子広告板、デジタル・コンテンツ配信システム、パブリックディスプレイ…などと呼ばれているのですが、すべてデジタルサイネージのことです。

デジタルサイネージをイメージすると、大きなディスプレイが思い浮かぶ方も多いと思うのですが、テレビやパソコンとはまた少し違ってきます。ちょっとややこしいですが、、しかし、テレビやパソコンとはまた違った角度から情報伝達を行ってくれるツールなんです。

 

サイネージの導入効果

 

街中でよく見かけるデジタルサイネージは、デジタル広告として使われているものが多いです。

動きのあるデジタル広告はお客さまの目を引く要素がつまっています。また、紙の広告を張り替える労力(大きな広告だと非常に労力がかかる)もなく、スマートです。

最近では街中のデジタルサイネージを、防災ツールとして使用する動きも高まっています。複数のサイネージに一斉に情報を発信できるので、災害非常時に活躍します。

また、多言語での表示が可能であるため、2020年の東京オリンピックでも、有力なコミュニケーションツールとして期待されています。

 

まとめ

 

デジタルサイネージとは・・・  

  • 屋外や店頭などのあらゆる場所に設置された、映像を表示する装置(ディスプレイなど)を使って情報を発信するシステムのこと
  • ディスプレイと、表示用のPC、コンテンツ(デジタルサイネージに表示する画像・動画など)配信用のPC・ソフトで構成されている
  • デジタル広告として使用すれば、お客さまからの注目度が高くなる他、スマートな運用が可能になる
  • 複数のサイネージに一斉に情報を発信できるため、防災ツールとしても使用されている  

 

このように、何だか色々な場面で使われていそうなデジタルサイネージですが、実際はどのような場所で使用されているのでしょうか。

次回のコラムでは、実際にデジタルサイネージが使用されている場所のご紹介をしていきます。

最後までお読みくださり、有難うございました。

コンテンツのご紹介

デジタルサイネージにもう1ひねり読売新聞ニュース配信サービス

最新ニュースを続々配信!デジタルサイネージ専用の読売新聞ニュース配信サービス。
サービス内容・料金・無料デモ版に関するお問い合わせはこちらからお問い合わせください。


アーカイブ

この内容で送信します。よろしいですか?