ニシム電子工業の製品・サービス
catch-img

Adobe Flash Playerサポート終了間近!サイネージコンテンツの対応は?


目次[非表示]

  1. 1.「読売新聞ニュース配信サービス」について


こんにちは、ニシムの「むぅこ」です! 


2017年7月、アドビ社がFlash Playerの配布と更新を、2020年12月31日に終了することを発表しました。


Flash Playerは、多種多様なブラウザーで一貫して動作する表現力豊かなクロスプラットフォームランタイムとして、長年にわたり世界中で利用されていました。​​​​​​​


しかし、HTML5、WebGL、WebAssemblyなどのオープンスタンダードが年月を経て安定的に成熟し、Flashコンテンツの実行可能な代替手段として機能しているほか、主要なブラウザーの提供元は、これらのオープンスタンダードをブラウザーに組み込み、他のほとんどのプラグイン(Adobe Flash Playerなど)を廃止していることから、Flash Playerの配布と更新を終了することに踏み切ったとのことです。

Adobe Flash Playerサポート終了情報ページ

 

ニシムのデジタルサイネージ専用コンテンツ「読売新聞ニュース配信サービス」でもFlash Playerを使用しておりましたが、これを機にHTML版に移行しています。

読売新聞ニュース配信サービス

ご契約いただいたお客さまには、専用のURLを送付いたします。
専用のURLを、サイネージソフトウェアにコンテンツとして登録いただくか、ブラウザに直接表示していただくことで、ディスプレイにニュースを表示させることが可能です。


「読売新聞ニュース配信サービス」について


読売新聞ニュース配信サービスとは、読売新聞社よりリアルタイムで配信されるニュースデータを、デジタルサイネージ上に表示するサービスです。

インターネットへ接続する環境があれば、一般ニュースからスポーツなど誰もが関心をもつ国内外のニュースが、街角や施設に設置したディスプレイに、 自動的に表示されます。

読売新聞ニュース配信サービス


​​​​​​​ニュース画面は、テイストの違うデザインやテロップタイプを用意しています。
​​​​​​​ニュースと一緒に利用できる天気予報もあり、それぞれのデザイン画面に専用のURLが存在します。

読売新聞ニュース配信サービスコンテンツイメージ

不明点などございましたら、お気軽にご連絡ください。

​​​​​​​



「読売新聞ニュース配信サービス」は、30日間無料でデモ版をお試しいただけます!
​​​​​​​導入後も月額利用料でお手軽に利用できるので、「どんなものか分からない」と不安な方も安心です。ぜひお気軽に、無料のデモ版をお試しください。


最後までお読みくださり、有難うございました!

おすすめ記事を読む!

「新しい生活様式」にも対応!待合室で活躍するデジタルサイネージのニュース配信

2020-05-20 17:00

今回の記事では、病院や銀行の待合室などで読んでいた新聞を、手を触れずに読むことができる「読売新聞ニュース配信サービス」について紹介していきます。 今まで設置していた新聞・雑誌コーナーを撤去せざるを得なくなった場所で、少しでも力になれば幸いです。

大型モニターは空間を変える?デジタルサイネージコンテンツの事例紹介

2019-08-27 09:28

動きがあるため、人々の注目を集めやすく、ついつい見てしまう…。 今回はそんなデジタルサイネージに流れるコンテンツ『読売新聞ニュース配信サービス』の導入事例をご紹介していきます。

「QTnetジュニア将棋センター」オープンのお知らせ

2019-05-18 11:54

2019年5月1日(水)より、株式会社QTnetによる「QTnetジュニア将棋センター」がオープいたしました。

全8件中 1〜 3件を表示

デジタルサイネージ専用「読売新聞ニュース配信サービス」

ニュースで始めるデジタルサイネージ「読売新聞ニュース配信サービス」